nKB

nKB

シンプルにいこうよ

Markdown記法

目次

MarkDown記法

[:contents]


エスケープ

MarkDown記法の前に\(バックスラッシュ)を入れる

MarkDown記法

 \# 見出し

表示例

# 見出し





文字の強調

簡単な記述で文字を強調できる

MarkDown記法

*太字*  
**太字**  
***太字***  
~~取り消し線~~  
**_太文字と斜体_**  

表示例
太字
太字
太字
取り消し線
太文字と斜体





改行

・行の終わりに半角スペースを2つ付ける





表組み記法

  • パイプ「|」で区切る。
  • 表組みと前の段落の間に空行
  • 1行目:項目名
  • 2行目:データ区切り「---」
  • 3行目以降:データ

MarkDown記法

|項目1|項目2|項目3|
|---|---|---|
|データ1|データ2|データ3|
|データA|データB|データC|

表示

項目1 項目2 項目3
データ1 データ2 データ3
データA データB データC

箇条書き

  • 行頭に「*」を付ける
  • リストと前の段落の間に空行が必要
  • 「*」の後ろは半角スペースが必要

MarkDown記法

* 箇条書き1  
* 箇条書き2  
* 箇条書き3  
* 箇条書き4  

表示例

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3
  • 箇条書き4





番号付きリスト

  • リストと前の段落の間に空行が必要
  • 行頭に半角英数字+「.」
  • 数字は並び順で付けられる

MarkDown記法

1. 文字列
2. 文字列
3. 文字列
1. 文字列
1. 文字列
1. 文字列

表示例

  1. 文字列
  2. 文字列
  3. 文字列
  4. 文字列
  5. 文字列
  6. 文字列





水平罫線

・3つ以上の「-」

 ---





リンク

[リンクさせる文字列](URL)

MarkDown記法

[nkb](http://blog.hatena.ne.jp)

表示例

nkb





pre記法

ソースコードやコマンドを枠で囲って書くときに使う

バッククオート(`)を3つ並べたものを囲みたいコードの前後に付ける

 ```
 test
 ```


test



pre記法(シンタックスハイライト)

ソースコードやコマンドを枠で囲って書くときに使う

バッククオート(`)を3つ並べたものを囲みたいコードの前後に付ける

構文を見やすく色分けして表示する

 ```vb
 Function test()

 Dim i as Long
 
 If i = 0 Then

 MsgBox "TEST"

 End If

 End Function
 ```


Function test()

Dim i as Long
 
If i = 0 Then

MsgBox "TEST"

End If

End Function

見出し

  • 行頭に「#」を付ける
  • 「#」の数でレベルが決まる。6まで。文字の大きさやデザインが変わる
  • h2、h3、h4の3つを使うこととする
    h1:主題を表す。1ページ(1記事)に一つだけ
    h2:SEO=大
    h3:はては=大、SEO=中
    h4:はてな=中、SEO=小
    h5:はてな=小
    h6:?

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6

注 見出しを記事の最後にしないと目次の表示がおかしくなる



-EOF-