nKB

nKB

シンプルにいこうよ

LANケーブル

LAN敷設時の注意事項

  • LANケーブルは先にのばしておく
  • タグは先に付けておく
  • タグ付けルールを決めておく
     ・接続する機器、ポートの情報
     ・対向機器、ポートの情報
     ・ラック情報


光(光ケーブル)

特徴

・長距離の伝送が可能
・フロアが異なる場合は光ケーブルを使う
・100m以上は光ケーブルを使ったほうがよい
1000Base-SXはマルチモードファイバ、1000Base-LXはシングルモードファイバ、マルチモードファイバのどちらでも利用可
・SXの“S”は短波長(Short wavelength)が由来
・LXの“L”は長波長(Long wavelength)が由来

ケーブルの種類

SMF(Single Mode Fiber)
・長距離向け(40km)
・10Gbpsの高速伝送
・高価

MMF(Multi Mode Fiber)
・長距離(2km程度)、高速伝送はSMFより劣る
・安価


イーサネット規格MMFSMF
IEEE規格伝送速度OM2OM3OM4OS2
802.3ae10GBASE-SR10Gbps82m300m400m
10GBASE-LR10Gbps10km
802.3z1000BASE-SX1Gbps550m550m550m
1000BASE-LX1Gbps550m550m550m5km


コネクタ

SCコネクタ→GBIC用
LCコネクタ→SFP用

コネクタ形状(画像)はコチラ
光ファイバケーブル(LCコネクタ−SCコネクタ) | サンワサプライ株式会社

その他

SFP(Small Form Factor Pluggable)ポート
光ファイバーやTPケーブルなど複数の規格に対応できるように設計されたポート
Mini-GBICとも呼ばれる。
SFPトランシーバ(モジュール)を差して使用する。

光融着接続=光ケーブル同士を繋ぐ技術

GBIC(GigaBit Interface Converter)=古い規格

メタル(TPケーブル)

100m以内の配線はTPケーブルを使ったほうが安価

ケーブルの種類

UTP(UnShielded Twisted Pair)ケーブル
STP (Shielded Twisted Pair)ケーブル→工場向き。ノイズに強い。

コネクタ

RJ45

カテゴリ

CAT Ethernet規格 通信速度 距離
5 10BASE-T
100BASE-TX
100Mbps 100m
5e 10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1Gbps 100m
6 10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
1Gbps 100m

Ethernet規格に合わせてケーブルを選定する
※5eと6の違いは帯域幅

Ethernet規格

「転送速度」+「変調方式」+「媒体の情報」

表記 転送速度
1 1Mbps
10 10Mbps
100 100Mbps
1000 1Gbps


表記 変調方式
BASE BaseBand
BROAD BroadBand


表記 媒体の情報
2 185m
5 500m
T Twisted Pair(ツイストペアケーブル)
F Fiber(光ファイバー)
X FDDI物理層規格を使って高速化している


参考
ASCII.jp:入門Ethernet

MACフレームを運ぶイーサネット物理層:進化するイーサネット(2) - @IT

第6回 イーサネット(その1) - イーサネットの規格とCSMA/CDアクセス制御方式 (1/5):詳説 TCP/IPプロトコル - @IT

ストレートケーブルクロスケーブル

レイヤーで考えると簡単

異なるレイヤーの機器を繋ぐ(L3→L2)場合は、ストレートケーブル
同じレイヤーの機器を繋ぐ(L3→L3)場合は、クロスケーブル

-EOF-