nKB

nKB

シンプルにいこうよ

Windowsの標準機能だけでできる最強ランチャー

f:id:t2nak:20200214215139j:plain


はじめに

客先常駐だとアプリも自由にインストールできないので
Windowsの標準機能のみでランチャーを実現する。


タスクバーのツールバーをランチャー化する

タスクバーにツールバーとしてフォルダを指定するとフォルダ内のファイルを
コンテキストメニューとして開けるようになる。
アプリなどのショートカットをフォルダに入れるだけでランチャーとして使用できる。


設定方法

1.All Usersのスタートメニューフォルダに「la」フォルダを作成する
  ※la=launcherの略
  ※スタートメニューからも開けるようになる
   スタートメニューには必要ない場合、フォルダはどこでもよい

 ファイル名を指定して実行(Win + R)で「shell:Common Programs」を実行
 All Usersのスタートメニューフォルダが開く

 例)Windows10の場合

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs  

2.タスクバーを右クリック → ツールバー → 新規ツールバーをクリック

3.「la」フォルダを選択

4.タスクバーに「la」フォルダが表示され、階層メニューのランチャーの出来上がり

  • 「la」フォルダの下にフォルダを作るとメニューが階層化される
  • 表示順はファイル名ではなく、任意。使いやすいように移動(ドラッグ)可能。
  • フォルダを指定すればなんでもランチャー化するのでリンク集にしてもよい。

f:id:t2nak:20200214215139j:plain


ファイル名を指定して実行をランチャー化する

さらにマウスを使わずにキーボードのみでランチャーアイテムを呼び出せるようにする。

Point

  • ファイル名を指定して実行(Win + R)からアプリを呼び出す
  • スタートメニューに作ることでWinキー + ショートカット名だけでアプリが起動できる
  • アプリはショートカットで起動させるので呼び出し名は自由に決められる
  • アプリだけでなく、よく使うフォルダへのショートカットを登録してもよい


設定方法

1.ユーザ環境変数の「Path」に「la」フォルダパスを追加する
  システムのプロパティ Win + R 「sysdm.cpl
  詳細設定タブ > 環境設定 > ユーザ環境変数

  例)Windows10の場合

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\la  

  補足 環境変数
 Windows環境変数には2種類ある。ユーザ環境変数とシステム環境変数
 ユーザ環境変数はサインインしているアカウントのみに適用される。
 システム環境変数は全てのアカウントに適用される。
 トラブルを避ける為、環境変数をイジるときはユーザ環境変数に追加したほうがよい。
 環境変数は定義した順に優先される。

2.アプリケーション実行ファイルのショートカットをlaフォルダに作成

3.呼び出しに使いたい名前にリネームする


あとはファイル名を指定して実行からリネームした名前を呼び出すだけ


ショートカット名一覧

名前は短ければいいってもんじゃない。
多少文字数があっても覚えやすい名前にしたほうがよい
すでに存在する名前を付けてしまわないように
名前を付ける前に一度「ファイル名を指定して実行」で試したほうがよい。

アプリケーション名 呼び出したい名前
Google Chrome chrome
TeraTerm tterm
リモートデスクトップ接続 rdp
WinMerge winmerge
メモ帳 memo
サクラエディタ sakura
keepass pw

既存のファイル名を指定して実行で呼び出せるコマンドはコチラ
ファイル名を指定して実行 - nKB


-EOF-