nKB

nKB

シンプルにいこうよ

Excel 条件付き書式

条件付き書式の使い方


セルの値によって行を塗りつぶす

  1. 条件を指定

 テキトーなセルを選択

 条件付き書式 → 新しいルール

 数式を使用して、書式を設定するセルを決定

 次の数式を満たす場合に値を書式設定

=$B1="OK"  

 ※B列が「OK」だった場合という意味

 書式をクリックし、任意の書式を設定


2. 範囲を指定

 条件付き書式 → ルールの管理

 作成されたルールの適用先を任意の値に変更する。

=$A1:$B100  

 ※A列1行目~B列100行目までという意味


VBAで条件付き書式を設定する

FormatConditions.Add メソッド


add(Type、 Operator、 Formula1、 Formula2)

Type

名前 説明
xlTextString テキスト文字列
xlexpression 演算(数式を使った指定)


条件付き書式の設定を出力する

取り出せはするみたいだが・・・


条件付き書式の書式のみをコピーする

条件付き書式の書式のみをコピーする方法はググると出てきます。
クリップボードを開き、その内容を貼り付ける方法です。
ただうまくいかないときがあったのでメモる。

やり方は一緒なのにできる場合とできない場合がある。
その違いはどうやら書式の量っぽい。
解決策は見つかっていないがこの状態になるとモヤモヤするので残しておく。


外部リンク

FormatCondition オブジェクト (Excel) | Microsoft Docs


EOF