nKB

nKB

シンプルにいこうよ

CentOS IPアドレスを固定にする

CentOS 7 の場合

直接ファイルを編集する方法は推奨されていない為、
nmcli コマンドを使用して設定する

設定確認

# nmcli device
# nmcli connection
# nmcli connection show <interface name>

設定変更

# nmcli connection modify <interface name> ipv4.method manual ipv4.addresses 192.168.0.105/24 ipv4.gateway 192.168.0.1 ipv4.dns 8.8.8.8
# nmcli connection modify <interface name> connection.autoconnect yes


設定項目 意味
ipv4.method manual 手動設定
ipv4.addresses 192.168.0.105/24 IPアドレス/プレフィックス
ipv4.gateway 192.168.0.1 デフォルトゲートウェイアドレス
ipv4.dns 8.8.8.8 DNSサーバのIPアドレス
connection.autoconnect yes 自動起動


切断/接続

# nmcli connection down <interface name>
# nmcli connection up <interface name>


CentOS 6 の場合

CentOS6からネットワークデバイスの管理方法が「NetworkManager」になった。
便利だがサーバ用途には向いていない。
「NetworkManager」サービスを無効化し、「network」サービスを使うように変更する。

設定の流れ
1.ネットワーク設定ファイルを修正
2.NetworkManager無効化
3.NetworkManager自動起動OFF
4.networkサービス有効化
5.networkサービスの自動起動ON


1.ネットワーク設定ファイルを修正
設定ファイル名:/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

NM_CONTROLLED="no"

yes→noに変更

2.NetworkManager停止

# service NetworkManager stop

3.NetworkManager自動起動OFF

# chkconfig NetworkManager off
# chkconfig --list NetworkManager
NetworkManager  0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

4.networkサービス有効化

# service network start
# chkconfig --list network
network         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

設定ファイル:/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0
※「ifcfg-eth0」の部分は、ネットワークアダプタにより異なる

ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.0.101
NETMASK=255.255.255.0
BROADCAST=192.168.0.255
GATEWAY=192.168.0.1
DNS1=192.168.0.1


キーワード 説明
IPADDR IPアドレス
NETMASK サブネットマスク
GATEWAY デフォルトゲートウェイを指定


/etc/resolv.conf → DNSの設定。ifcfg-eth0に記載すれば反映されるかも
/etc/sysconfig/network → ゲートウェイの設定。ifcfg-eth0に記載すれば反映されるかも


ネットワークの再起動

# /etc/init.d/network restart


EOF