nKB

nKB

シンプルにいこうよ

Zabbix 4.0 LTS インストール

構成

下記の構成でセットアップを行う

項目 内容
Zabbixバージョン Zabbix 4.0 LTS
OSディストリビューション CentOS
OSバージョン 7
データベース MySQL
Webフロントエンド ApatchPHP

参考:https://www.zabbix.com/jp/download


事前準備

PHP7.2とMySQL8.0をインストールする

CentOS7にPHP7.2をインストールする - nKB

CentOS7 にMySQL8.0をインストールする - nKB


インストール

1.インストールと設定

 a.Zabbix のリポジトリをインストールする

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-2.el7.noarch.rpm
# yum clean all


 b.Zabbix サーバ、エージェントをインストールする
   zabbix-web-mysqlPHPの依存関係の影響でyumでインストールできない。
   個別でインストールする必要がある。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-agent -y


 c.Zabbixフロントエンド(zabbix-web、zabbix-web-mysql、zabbix-web-japanese)をインストールする

# wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-web-4.0.20-1.el7.noarch.rpm   
# rpm -ivh --nodeps zabbix-web-4.0.20-1.el7.noarch.rpm   

# wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-web-mysql-4.0.20-1.el7.noarch.rpm  
# rpm -ivh --nodeps zabbix-web-mysql-4.0.20-1.el7.noarch.rpm

# wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-web-japanese-4.0.20-1.el7.noarch.rpm    
# rpm -ivh --nodeps zabbix-web-japanese-4.0.20-1.el7.noarch.rpm    

rpmのパス確認
Zabbixリポジトリサイトを開く
Zabbix Official Repository

Index of Zabbix の下にあるリンクを辿る
f:id:t2nak:20200502143039p:plain:w400

該当のrpmにマウスカーソルをあて、パスを確認する
f:id:t2nak:20200502143240p:plain:w400


 d.データベースの初期設定を行う

# mysql -uroot -p
password
mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
mysql> create user 'zabbix'@'localhost' identified by '<password>';
mysql> grant all privileges on zabbix.* to 'zabbix'@'localhost';
mysql> quit;

「No database selected」エラーになる場合
https://support.zabbix.com/browse/ZBX-11663


# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p <password>

「ERROR 1046 (3D000) at line 1: No database selected」となった場合
create.sql.gzを解凍し、create.sql の最初の行に「USE zabbix;」を記載すればImportできる

# cp /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-4.0.20/create.sql.gz .
# gunzip create.sql.gz 
# vim create.sql
最初の行に「USE zabbix;」を記載する
# cat create.sql | mysql -uzabbix -p
Enter password:
# rm -i create.sql

参考:https://support.zabbix.com/browse/ZBX-11663


 e.Zabbixサーバの設定

/etc/zabbix/zabbix_server.conf

DBPassword=password


 f.PHPの設定

/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

<IfModule mod_php5.c>
↓
<IfModule mod_php7.c>

# php_value date.timezone Europe/Riga
php_value date.timezone Asia/Tokyo


 g.Zabbixサーバを起動する

# systemctl enable zabbix-server
# systemctl start zabbix-server


 h.Zabbix Agentを起動する

# systemctl enable zabbix-agent
# systemctl start zabbix-agent


2.WEBコンソールにて初期設定

WEBブラウザで「http://<サーバのIPアドレス>/zabbix/」を開く

「Next step」をクリック
f:id:t2nak:20200502143731p:plain:w400

Check of pre-requisites
全てOKになっていることを確認し「Next step」をクリック
f:id:t2nak:20200502143903p:plain:w400

Configure DB connection
Password を入力し、「Next step」をクリック
f:id:t2nak:20200502144019p:plain:w400

Zabbix server details
そのまま「Next step」をクリック
f:id:t2nak:20200502144111p:plain:w400

Pre-installation summary
内容に問題なければ「Next step」をクリック
f:id:t2nak:20200502144207p:plain:w400

Install
「Finish」をクリック
f:id:t2nak:20200502144242p:plain:w400

インストール完了


WEBコンソールにログイン

WEBブラウザで「http://<サーバのIPアドレス>/zabbix/」を開く


ユーザ名、パスワードを入れ、「Sigh in」をクリック
Username:Admin
Password:zabbix

f:id:t2nak:20200502144451p:plain:w200


WEBコンソールの日本語化

インストールした直後は英語表記
右上にある人型アイコンをクリック
f:id:t2nak:20200502151113p:plain:w400

Languageのところを「Japanese」にして「Update」をクリック

f:id:t2nak:20200502151408p:plain:w300

日本語になっていることを確認

f:id:t2nak:20200502151552p:plain:w400

EOF